読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あちらとのdiary

あちらからの応援をかりて力強く軽やかに生きる記録

この世界

日々

みなさん、こんばんは。

今日は、7km走ってきました、笑。グラウンディング大事ですからね、笑。

帰り道に空を見ていたら、オリオン座だとか、わかりやすい星しか分からないことがもったいないなあ、と思いました。子どもの頃は、円盤みたいなのをクルクル回して望遠鏡もあって、見ていたのになあと。

昨年の夏のブルース・モーエン来日ワークショップのレベル4で、宇宙探索をして、自分の起源を見に行ったり、宇宙の構造?というか、フロントローディングにならないように話をするって難しいですね、笑。むぅーーー。

まあ、いろいろと見てきたわけです、そして、そこで見たものたちが自分が妄想の中で勝手に作り出しているものではなくて、他の方から、同じ描写を耳にする度、自分の知覚を信じるきっかけになって、嬉しいことと、そこで知覚したものって、なんだったんだろう?って思うんですよね。ワークショップから半年経つわけですが、最近も自分が知覚したものと共通する話を何点か聞いて、わあ、と思いました。

なんだったんだろう?って思ったら、自分で想像する楽しさもあるけれど、想像するより、答えをもらいたいと思えばガイドに聞いてしまえば、一応答えをもらって終わってしまうんですよね。これを沢山の人とあーでもない、こーでもない、とおしゃべりするのが、ワークショップや飲み会でとっても楽しいんですけれど、その楽しさってなんだろう?と思ったのですね。そこで、思いついたのが、最早、宇宙を知覚した話と妄想の違いを説明はできないですけれど、一般的に見て、これが唯一の正解って考えなくてもいいもので、みんなが自分の思うことを自由に表現して、ふむふむ、って周りは話を聞いて、また他の人はどう思ったかを表現して、自分じゃ考えないような話を聞いたりして面白いなあ、ってひとの感性に感心するという、共通するものも、独自のものも、すべてOK!with fun!という場なんですよね。とっても、しあわせ。この世のあらゆる瞬間がこんな場であったら、、、と思ってしまうような場だってことでした。

最近、この世のつまらない話にうんざりしつつも、そんな場が発生しうる、素晴らしい世界なんだなあと実感する、そんなことを思うと胸がいっぱいになる、瞬間があります。なんなんでしょう。今まではそんなこと思ったことなかったかもしれないですし、ひとと生きていくと思ったことからの変化なのかもしれませんが。

「わたしがわたしをしっかり生きられますように」とふと願っていることがあります。そんな時は、ハッとします。勝手にハートの中で声にしているので。

そして今日は「ついに始まる」という声も同時にしてきました。

泣いても笑っても、一度の人生。泣くのも笑うのもどちらもいいですね。

そんなことを最近思うのに、なぜか始まらない、ちょっとヘルプを、と思う方は、セッションにいらして下さい。IHのホログラムの中で、ガイドから許可がおりれば、リトリーバルもさせて頂きます。

今夜はお布団に入ったら、ひとつリトリーバルをしてから寝ようと思います。

明日もすてきな朝をお迎えください、おやすみなさい。

 

追伸 ガイドさん

そろそろ、UFO見たいです。けっこう首が疲れてきました。

あかね