あちらとのdiary

内なる宇宙との対話から私を思い出し、表現する場

畑の話

今日は、畑で気になっていた木になっている実がナツメだと分かって、収穫してみました。

食べてみたら、美味しくて!!これは、サワーサップ以来のヒットです。

皆さんも、木を植えたいと思われたら、ナツメの木お勧めです。

味は、林檎の美味しさと洋梨の美味しさを3倍に濃縮したような味です。いつから実がなっていたのかわかりませんが、これからは毎年楽しみです。こんな木があると把握していなかったので、今年林檎の木を植えてみたんですよね。林檎はいつから実がなるかわかりませんが、それまでもナツメで毎年越せそうです。

畑は今年の暑さで、カナブンをあまり見かけず、イチジクが無傷で完熟したり、落花生が絶好調に育っています。出遅れた大豆は、全く芽が出ず、、という。発芽には温度が高すぎたんでしょうか。もう少し涼しくなったら、もう一度蒔いてみようかと思っています。ウリ科も例年と様子が違っていて、かぼちゃがボンボンなっていたり、スイカがとっても甘くできていたり、白瓜が硬かったり。野菜毎に好きな環境があるんだなあ、と人と同じように感じます。

人間も自分という意識が発生しているだけの生物なので、植物を見ていると似ているところが見つかって、より一層生き物なんだなあ、と感じます。

今日は他にも、カマキリを沢山見かけました。この夏初めてです。バッタは美しい、って感じですが、カマキリは何かを発してる感じで、似てるけど、全然違うんだなあ、と感じたり、小学生気分です。

子供の頃には、虫に興味はありませんでしたが、今になって、子供が虫に夢中になるのがわかる気がします。自然って本当に面白いですね。目に視えないとされている光も見えるようになったら、蝶々の美しさだとか、もう色々とんでもないのでしょうが、視えなくてもそれを感じられるんだってことに気づいてきました。

目の前のテーブルも脳内映像、亡くなっている人も、思い浮かぶものも。だから例えば、昆虫のように紫外線や他の光を捉えられるようになれば、亡くなっている人を目の前にいるように視れたり、触れたりできるって事で、本当にこれは練習と工夫で手に入れられる技術なんですよね。

それには、自分、「私が」という制限を作る意識を発生させないようになればいいわけですが、この「私(だけ)が」という、全体の一部ではない単独の「私」をこの時代の人たちは作り出しやすいので、昔の人のように簡単にはいかないのかもしれません。でも、技術なので、おとぎ話のような聖人でなく、日常で他人を尊重しない、信頼しない、依存する、としていても、この技術は特訓すれば手に入れられると思います。ただ、感覚をつかむのに、近道はあると私は捉えています。

脳の仕組みを知ると、不思議がいっぱいで、五感を使って過ごせる今が奇跡だというのを実感します。奇跡なんて、一生に一回の事かと思っていましたが、週に一回はありそうです。助けた蝶々が追いかけてきたり、今日も、海に行きたいなあ、って思ったら車のナビが海の上を走っていたり!

五感と意識で私たちはもっと自分を素直に見守れるようになるんだと思います。リラックスして気持ちに素直に行動して、寝る時も、目覚める時も安らか。こんな毎日が本来の自然体の毎日かもしれません。そして、それは手に入る毎日です。

皆さんも、自然との接点大事になさってみてください。

あかね

景色

今日は久しぶりの東京でしたが、歩いている人たちの変わりように時の流れを感じました。ただ、好きだったお店に行ったら見たことのある店員さんがまだいて、ああ、このメイク、この口調、この人はこの変わった街に20年。そこに住む人は変わらないんだと。腸内細菌のDNAのようなものでしょうか。不思議な感覚になりました。

脳に関する知識が増えて今まで感じていた点たちが繋がって、朧げながら自分が通したい道が見えてきた気がしました。

技術は繰り返しによって作られる、このことを胸に8月も穏やかに面白そうなものに時間を使っていこうと思いました。

あかね

宇宙探索〜レベル4〜

みなさん、ご無沙汰しております。

お変わりないですか?

私は、真っ黒になって元気にしております。

ですが、大変な状況にいる人がいる事を思うと、心休まる時間が毎日みんなにある事を祈っています。

災害や悲しい事が起きると、いろいろな事を大きな視点でみる機会に恵まれます。政治が素晴らしかったら、どれだけみんなが無意識に楽に生きられるんだろう?とも思いますが、それは、自分で気づいていくしかないのかもしれません。

いくつか、考えたことはあったかもしれませんが、それは置いておいて。

 

今、ブルース・モーエンのレベル4の復習をしています。

楽しい!

テキストを色々探りながら読み込んでいるだけで、体の細胞がブワ〜〜〜〜となっているのを感じます。エネルギーのヒーリングをしたり、音叉を鳴らされている感じの体感で、自分でもこんなに反応している身体にびっくりです。

信念という檻があるとしますよね、その中にいる自分が自分で檻の棒をパキパキ外していくことになります。レベル4にも是非お越しください。

みなさんとどんなシェアができるのか、楽しみです。

人間って、私って、何なのか??幸せって何なのか?意識の世界を探索する事で、その答えに導かれるかもしれません。

明らかにしたい方、お待ちしております!

話は逸れますが、大人になってから一目惚れ、ってしたことありますか?高校生以来ですかね。ハートを盗まれるというか、あんな感じをまた体感した事にびっくりです。芸能人ですが、笑。そして、かっこよさを伝えたところで、周りの反応がイマイチというのが、自分が見ている世界は自分だけのもののようですね、好みって人それぞれで、面白いなあ、と。その人は今までも見たことはあったわけですが、そんな事思っていなかったので、本当に、自分が見ている世界は今だけだなあと。生きてるっておかしいですね。

レベル4のクラスでは、前回私はイルカ、ユニコーンに会って、とっても面白かったのですが、今回は何に会うのか。前回は、目に見える、という事に対する大きな気づきがあって、その後思い返せば、知覚の仕方は大きく変化しているかもしれません。自転車に乗るように、普通の感覚に近づいているのかもしれません。人の悩みを聞いていたら、自然に関係者の顔が浮かんだり。知覚されるべきものは、そこにあって、それに気づくかどうかだけ、というか。日常生活でも、気がする、とか、何となくこうした、という事が最善の選択であるような。

という事で、レベル4はレベル3のように自分を掘り下げる、という過酷さを伴わずに、異なる視点を持つ事で、気づきを得られるワークショップですので、楽しむぞ!と思って、お越し下さい。私は今回は多少慣れているので、大人数で探索に行くのをいいことに、エクササイズに参加できるようであれば、いくつか会いたい存在を決めています。実際に探索に行くと、その存在じゃないものに会うこともありますが、それがまた面白いですよね。え?そっち?というような。

大人数だと、みんなの意図の力で、ジェット機で探索に行ってる感じなんですよね。ハワイまで、いかだを漕いで行ってるのではなくて。気づけば、そこは目的地だったかのような。

逆をいうと、一人で探索に行っていても、そんな感覚でやっていれば、大人数と変わらないわけですが、このイメージしてやるのと自動でなるのは体験としていかにみんなの意識が繋がっているのか、というのを脳でリアルに体験として感じている、という点で異なってきます。すると、記憶には、その感覚が回路として残るので、百聞は一見に如かずって感じでしょうか。

夏の暑い日に、こんなにスーツの人たちが歩いている東京で、自分は一体何をしているんだ、という視点を持つのも面白いかもしれません。大橋会館の宿泊もまだ空いていそうですし、お時間ある方はお待ちしております。再受講の方も、お会いできるの楽しみにしています!!

あかね

 夏期特別ワークショップ レベル4 宇宙探索コース