あちらとのdiary

内なる宇宙との対話から私を思い出し、表現する場

奇門遁甲2

またまた、奇門遁甲してみました。

最近、肉体のある意味をいろいろと思う機会があったのですが、肉体がある事で、行動でより意志を強化しているんだな、と。これは、ズバリ脳の仕組みの関係ではあると思うのですが。

ちょうど、用事があったので、そのついでではありましたが、奇門遁甲やってみました。正直面倒くさい事だと思うのです、単に興味があるわけでもない土地へ行く、というような形になってしまうなら。でも、気になるのなら、やる方が必ず楽しい何かと結びつくと感じてやっています。体験しないと、分かるではなく感じないですね、そのものの意外な価値は。奇門遁甲の効果、はまだ分かりませんが、知覚が広がっている事を試す機会に私はできています。

しかも、わざわざ、お金と時間をかけるのなら、身近な事から日々の生活の中から、その恩恵を受け取りたいって事を認めて、それに向けて行動を変えよう!と思う機会を得られます。何でもいいのですね方法は、例えば奇門遁甲、いう視点を持つと、本来の他力本願の態度を取れるようになるんじゃないかと。他力本願に私もなってみたいです。2番目くらいに、かっこいい生き方だと思っているかもしれません。

それと、人形劇の三国志を見ていた者として、諸葛孔明もやっていた?!となると、俄然魅力的に感じます、笑。人のスイッチは、どこにあるか、つくづく分かりませんね。そして、その傾きが、みんなが異なる一つの光の所以で、とっても面白いと感じます。みんなが、惹かれあって一つへ還るんだなあ、と。惹かれるための、傾き、肉体、エゴ、全部あるから生きていられるんだろうなと。なかったら、生きられないと思います。だから、エゴで苦しくなんてならないで下さい。このアンビヴァレンス、いれこになっている仕組みがあるからこそ、光がこちらの世界にも生まれるのであって、あの、船の舵とるところにある、ロータスでなくて、ど忘れ、単語が出てこない、あれですね!

そして、今日行ってみた神社、面白かったです。ポータルがある感じのところは、最近、球や、天から垂直方向に円として感じるのですが、そこは、スポットライトのように、真上から地上に刺さっている感じで、しかも、直径が細い感じで、今までこういう風に感じるのは、誰かが作った、自動リトリーバルエレベーターくらいだったので、とても新鮮に感じました。そして、長髪の大陸っぽい男性の後にやはり大陸風で上品な尼さんみたいな人が現れ、視覚的には上から降るように見えるエネルギーが足元から入ってくるという、なんだか、とってもユニークな体験でした。

こんな事を感じるようになったのは、今まで出会ってきた方達のおかげですが、新しい概念、信念を採用するのは面白いものですね。自分の興味を大切にしたいと感じます。

みなさんも、気になる、気持ちを大切にする、一週間をお過ごしください。

あかね

ヘミシンクが苦手な理由

今日は、大発見です!(いつも、そんな感じなんですが)

今まで、どうもヘミシンクが苦手と感じていましたが、その理由がわかった気がします。私は、非物質界での聴覚からの情報が邪魔されるのが嫌だったようです。今日、友人がとても興味深い探索のチャンスをくれて探索に行っていました。その時に、気づいたのが、私は探索中に、聴覚からも結構情報を受け取っている、という事でした。だから、ヘミシンクの音が苦手なんだと。

これからヘミシンクをやってみる時には、小さい音量で聴いてみたいと思います。視覚優位の人が目を開けてヘミシンクを聞くよりは、目を閉じた方が体験できそうなのと、同じです。

ヘミシンクが苦手と思ってる方は、是非、音量ミニマムで!これ、本当に大発見かもしれないな、と思いました。目を閉じている分、視覚以外の感覚器は鋭敏になっていますから、羽音のように小さい音でいけるんじゃないかと。また、体験してみたら、何かお伝えしたいと思います。

あかね

ケンさんワークショップ

先週、星海ケンさんのワークショップに参加してきました。

ケンさんは子どもの頃から幽霊が見えているサイキックで、ブルース・モーエンのワークショップに参加されて、大きな信念体系クラッシュがあり、その事を体験記にされている方です。ケンさんにとってはブルースも心の友なんだろうな、と感じます。ブルースも子どもの頃はサイキックだったんじゃないかと私は感じていますので、そういうことも含めて、お二人には何か縁があったんだろうと思っています。

ブルースのワークショップに参加して体験することは、個人の感覚に全てが任されているので、他の参加者さんがどんな体験をされているかの詳細を知る機会はなかなかありません。ブルース・モーエンメソッドにご興味のある方や、幽霊が見えていて、このご自身の資質とどう付き合っていくのがいいのだろうか、とお思いの方は、是非、ケンさんの体験談、おすすめです。

そして、そのケンさんのワークショップは、ブルースのワークショップとは異なるものでした。ブルースが作ったメソッドは、非物質界の体験を得られるように、丁寧に組み立てられていて、更に体験には愛の感覚を使う、というのが画期的なわけですが、ケンさんは、それ以上に、愛を思い出して!というある意味、ワイルドなワークショップです。ブルースどうこうではなく、ケンさんの体験に基づいて、自信を持って開いてらっしゃるのが伝わりました。

今回参加されていた方は、ヘミシンクやブルース・モーエンメソッドの経験がある方たちや、過去のケンさんのワークショップに参加されたことがある方で、誘導瞑想初心者の方はいない印象でした。だから、恐らく今回はシェアを全員ですれば、興味深い話ももっと聞けたと思うのですが、ケンさんが大切にしている事は、体験内容以上に、自分が愛のエナジーに今、触れた感覚を日常に持って帰ってもらうこと、という事でした。納得。

私は、個人的に、リサ・ロイヤルに興味があったので、そのスクールでも学ばれたケンさんは、より知覚を開くためのクリアリングのような要素が入ったワークショップをされると勝手に思っていました。ですので、このあたりは、見当はずれだったのです。もっとシンプルに愛を感じて欲しいというワークショップでした。ゲームをしたり、踊ったり、誘導瞑想したりです。

まず、直感ゲーム、として、いろいろな情報を受け取るゲームをしました。初っ端、生年月日没年月日を当てるゲームでは、集中もせず、本気の直感がどんなものなのか何も考えずにやってみたら、惨憺たる結果でした、笑。これがいつか、こんな普通の状態でやっても集中している時くらいになる日がくることを1つ目標にしたくなりました。日常の私には、まだリラックスが足りないんですね。集中している時くらいのリラックスを日常に持ち込みたいと思いました。

その後も、自分の名前を書いた紙を誰かに引いてもらい、その人が紙から伝わるエネルギーだけで、どんな人なのか当てるゲームなどをしました。これは、本当なら、自分が引いた紙のエネルギーを読まないといけないわけですが、私は手に持っている紙からではなくて、私が書いた紙を引いた人の情報を集める、というパターンがあって、誰かにエネルギーコードを繋がれると私はそちらにまず意識が向いてしまうんだなあ、と自分のパターンに気づけて面白かったです。他にもいくつかゲームをして、直感を鍛える方法を楽しみました。

誘導瞑想ではヘミシンクにケンさんやブルースの声が乗せられていて、横になった状態で、体験をしていきます。始まって、いびきが聞こえてくるくらいリラックスしている方もいて、ヘミシンクにも俄然興味が湧きました。私はヘミシンクが苦手で、過去にSOコードではブルースのやり方でやっている以上にリアルに感じる、という体験を一度したのですが、どうも集中しづらいので、家ではヘミシンクを使わず、探索に行きます。それでも、今回は、何層かレイヤーになって体験しているというか、体験中に複数の自分がいることを感じました。面白い体験でした。そして、私はやっぱり体験のシェアが好きです。私がSOコードを聞いた時に体験した事とそっくりな話をシェアの中で他の方から聞くことができました。そうなると、自分の体験が、より強化されるし、世界がそうなっているのなら、ますますしたいようにしよう!と感じます。

そして、会には、ヘミシンクをしてらっしゃる方たちが沢山いたので、アクアヴィジョンで単発で受けられるコースのお話なども、面白そうなものが沢山あって、いいなあ、と思って話を伺っていました。ディスクやソースを訪ねた時の体験をシェアする機会って本当にないので、懇親会でただおしゃべりしたり、お話聞いてるだけでも、とっても楽しかったです。ヘミシンクのコースにも旅行に行くような気持ちで行ってみたいと思いました。ブルースのトレーナー協会と坂本さんでコラボワークショップとかできたらいいのにな、と思ったりしました。

ヘミシンク、ブルース、ケンさん、とみんな入り口は違えど、歓び溢れる毎日を送るために、光の存在だと薄々気づいて生活するのに、非物質界を毎日利用したり、その時どっぷり利用したり、人それぞれで、みんな違って、それがいいんだと、体験の中とも通じる感動がありました。

宇宙の叡智に触れる術として、非物質界の探索を私はどんどん広げて行きたいと感じました。そこから気づく愛もありますしね。ケンさんほど振り切れていないから自分はブルースの方法をお伝えしていきたいんだとわかりましたし、とっても実りの多い二日間でした。

ケンさんのワークショップは次回、5月です。まず、を読んでいない方は是非読んでみて下さい。

あかね