あちらとのdiary

あちらからの応援をかりて力強く軽やかに生きる記録

平成28年2月1日

監督の映画を観てはじめて、こんなにやさしい眼差しをドキュメンタリーに持ち込む人がいるのかとびっくりしました。虹色の監督が今でも心に焼き付いています。

渋谷昶子監督、ご冥福をお祈り申し上げます。

あかね