読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あちらとのdiary

あちらからの応援をかりて力強く軽やかに生きる記録

BMレベル1ワークショップレポート

5月28日、29日とレベル1のワークショップに参加してきました。

ワークは楽しくできましたし、ワーク後の飲み会も全員参加の10名で最終は4時間半後に解散となりました。飲み会ではワーク中のシェアの続きといったところから、いろいろな話を聞いて話してあっという間の時間でした。

BMメソッドは名称こそ、レベル1、2、3、4と段階があるのですが、非物質界は、知覚の具合に合わせて情報を提示してくれる傾向があります。なので、レベル1であっても何度かやっているとヘルパーがトレーナーの誘導を時に無視して行くべき処へ案内してくれ、体験をさせてくれるので、やればやるだけ体験も増えて楽しいですし、癒される!と今回は痛感しました。自動車運転で譬えると、車の仕組みを知って、クラッチ離すタイミングだとかを掴みながら場内教習と給油を覚えるような段階でしょうか。

エネルギー収集だとか基本的なところを丁寧に手順を踏むので、初めてでない人にとっては知覚の癖だとか傾向をより自覚するのに、とてもいいワークだと思います。今回私も、下からのエネルギー収集中にちょっとした事に気づき、シェアしたところ、参加者さんからよいアイディアを頂き、その後のワーク中にちょっと横道にそれたところ、面白い体験をしました。木星のエネルギーが自分に繋がっていたんです。(←スピスピしていない自分がこんなことを言う日がくるとは、、、気のせいかもしれませんけどね、笑)といった、初めての体験もありながら、お集まり頂いた方たちのオープンマインドさ加減に感謝でいっぱいの二日間でありました。

この夏のブルース・モーエン来日ワークショップではレベル4の宇宙探索コースがあるのですが、ちょっと心の中で参加するか迷いもあったのです。行きたいライブと日程が重なっていたので、、。

でも、今回のワークに参加して、迷いが消えました。

地球だけでなく、他の星があるのは、必ず気づき、コントラストのためだと思うので。隣の人がいなかったら、鏡の中の自分がいなかったら、こんな気持ちにもならずに「天国」にいるようになんの成長もなく永遠に終わらないループの中にいたはず、と。

そうなると、宇宙を知ることは自分を知って、この残りの時間を最大限使い切るのに、近道ではないかと。そして、時間のない世界に還っていくんだろうなと。もうここには戻りたくないので、この人生ではこんな非物質の世界を感じて、物質界にしっかり根を下ろせるように今までがあったんだ!、と振り返る日がこの先にあると信じて、笑、の選択です。こんなタイミングで木星意識させられるとか思ってもいなかったですし。全然意識していない人たちとも繋がっているってことでしょうか。

それに、レベル4では動物の意識領域にも行くようなので、イルカの癒しの力をイルカに学べるように、動物と話せるまでいかなくても、知覚が拡がったらいいなと思います。夏のあと、イルカと泳ぎに行くので、とっても楽しみなのです。海大好き。馬大好き。

宇宙に関連して、飲み会で上がっていた話としては、レベル4に参加するのが、自分がどの星から来ている、という自覚がある方たちもいらして、すっごくかわいい星から来てる方もいて、その星での経験を確認する為に。だとか、最近宇宙からのコンタクトが頻発していてもっと情報を集める為に、だとか。宇宙に意識がひらいている方たちは、本当になじみのお店に行くような感覚なのかなあ、と銀河系?宇宙体験一見さんの自分としては、コンタクト??本当に?!すごい!と思って話を聞いていました。私は宇宙人風の方たちを、視覚的にあちらでそんなに知覚した経験がないので、日常的にUFO見てる方たちの話は、カタコトの日本語を聞いているような感覚で、とてもおもしろそうでした。目の前に巨大なUFOが現れたら、、、腰抜けるか、号泣しそうですよね。

 

話は逸れましたが、レベル1ワークショップの続きを。

リトリーバルのワーク中、隣の席の方が、クスっと笑っていらしてその時自分は、電車のホームでリトリーバルをしていたので、内心「隣の方はリトリーバルじゃなくて楽しいところにいらしてるのかな」と思っていました。そして、体験をシェアしてみるとその方はレベル3で出てくるの自己の側面のリトリーバルにいらしていたとのことでした。自分に直接関わってくることはヘビーであったりするのですが、この方はなかなかあちらにとっても手強いみたいで、がしがし魂磨かれていらっしゃるようでした。ガイドやヘルパーとしっかりコミュニケーションをとれている感じが素晴らしいな、と思いました。参加者さんの方がよっぽど、あちらからメッセージをもらってくることがあるのも、このメソッドの面白いところだと思います。自動車に乗るのと同じですから、もともとバランス感覚よくていらっしゃると、どんどかあちらと繋がって、その力を意識的にこの世界で使ってらして、すごいな!と思います。 

そして、亡くなった方を訪ねるワークでは、今私が気になっていたことそのままをペアになった方が見ていらして、他界した人をすごく正確な描写というか、見え方をされていてびっくりしました。愛する人をなくした方が、亡くなった方からメッセージをもらうことももちろんですが、知覚を拡げるために証拠が集められるのがこのワークの良さでもあります。でも、それだけでもないんだなあと、ペアになった方から頂いた報告が後々自分にとってはもっと大きい意味があったことに気づきました。

あちらの世界は、私が思った以上にこちらを応援してくれているように思えてきました。今自分が、あちら4丁目代表メンバーとして、この世界に来ているってことは大いにあり得るな、という気持ちです。残りの人生をどんなストーリーにできるのか、宇宙の物語に「この人物に地球での来世(転生)はもちろんなかった」と刻んでもらえるようになりたいな、と思います。

ということで、ワークショップ中と飲み会はとっても楽しく、翌日以降真面目な気持ちにもなった、レベル1ワークショップでした。

 

レベル2では、自動車運転でいうと、路上教習に進んで、他の教習生の運転も見せてもらいながら、「あそこの標識見づらくない?」とか「あの教官いつも笑ってるよね」と言いながら、仮免受けるような感じでしょうか。

レベル3は若葉マークを付けて、ビシバシ自分を鍛えていく感じだと思います、で都内走る用の車を決めるタイミングでもありますかね。どんどん改造しちゃうかもしれませんけど。マフラー2本にしてみたり。

そして、レベル4では国際免許証の発行受けて「交差点はまだ慣れないですけど、アメリカでの方が運転全然楽なんですけど?首都高とか、出るのドキドキでした!」という感じでレベル3を振り返るのかなあ、と予想しています。

 

お盆で彼岸に気を向ける夏の暑い時期に、ブラックジョークで通訳さん泣かせのおもしろおじさんと彼岸めぐっての此岸への旅はいかがでしょうか。

こんなやり方(BMメソッド)をきっと一所懸命考え出したピュアピュアブルースに会える(今のところ)年一度の機会です。

↑伝わっていますかね?ブルースの普通さと素敵さが。私は会えるのをとっても楽しみにしているのです。今年も元気だといいな、と思っています。

 

夏のワークショップについては、協会HPをご覧下さいませ。

開催スケジュール|死後探索:BMトレーナー協会

この夏、レベル4でお会いできるの楽しみにしています!

 

あかね